月収100万アップのチャットレディに聞いた秘密のメールテクニック

公開日: 

封蝋
ライブチャットにきてくれたお客さんにアフターフォローのメールをするかしないかで、売り上げは倍近く変わってきます。

ここでは【月収100万アップのチャットレディに聞いた秘密のメールテクニック】を紹介してます。

アフターフォローで送るメールの中身

アフターフォローでは、
1 ありがとう
2 チャットで話題になったこと
3 楽しかったこと
4 相手への心配り
を主にメールする。ひとつずつ説明する

1 ありがとう
これはお礼。「今日は来てくれてうれしかった」だけでもいい。

2 チャットで話題になったこと
チャットで話題になったことで教えてもらった事をほめたりすると良い。

3 楽しかったこと
チャットで楽しかったことを「○○な時がすごく楽しかった」と具体的に書くと良い

4 相手への心配り
相手が残業続きとかだったら、「残業が多いみたいだけど、体に気をつけてね。」とか書くといい

もっと内容を充実させてもいいけど、あまり多すぎるのもたいへん。これぐらいはメールしておいたらイメージが良いままで、また会いたいな。と思ってくれる。

すこし微妙だけど、オレは「また来てね」とかいれると営業っぽくなるから、イラナイと思っている。
来たい人は来る。

来た時に「来てくれてウレシイ」でいい。テストできる人はどっちが反応良いかテストしてみて欲しい。

ぜんぶに共通していえるのは、長文でなくても良いってこと。あるていどどうとでも、とれる内容で書いておくと、たいがいは良い方向で考えてくれる事が多い。とくに男は。

メールに入れ込みたい3つのテクニック

ライブチャットはメールテクしだいで売り上げアップできます。初心者でもできる3つのポイントを紹介。

その3つのポイントとは

1 ストレートな要求
2 秘密の共有
3 特別感の演出
ひとつづつ紹介していきます。

1 ストレートな要求

ストレートな要求それは「会いたいな」という事をつたえる事。なんかあんまりそういうのをアピールしないほうが良いみたいな感じがあるけど、「会いたいな」といわれて、悪い気がする男は少ない。

男って意外と「オレ会いにいって迷惑じゃないかな」とか考える人も少なくない。それと女の子みたいに「人の考えている事を読む」的な事は苦手。

鈍感。だからストレートに「会いたいな。」ってメールすると答えてくれる。

2 秘密の共有

秘密の共有。というのは「私とあなただけの秘密」的なこと。

例えばライブチャットで2人きりの時に、プライベートな話とかした時に「これは私と○○だけの秘密だよ」っていっておくと、秘密の共有ができる。

相手は特別な雰囲気がでて、それだけでもおねえちゃんの事を意識しだす。

メールでそういう事をつけくわえると、まさに良い感じになる。

3 特別感の演出

特別感の演出というのは、あなただけにいっているという特別感の演出。例えば「一緒にお話しよう。」とか誘ってみる。

また来てね…というよりぜんぜん効果が高い。

こんな感じでまずはやってみる。すこしずつ成果はでてくる。100人なら100人効果がでる訳じゃないけど、効果がでる人も多い。効果がでた人は2割のお客さんに育てていく。

ライブチャットのメール術 中級者ならやっておきたい2つのポイント

ライブチャットはメールテクしだいで売り上げアップできます。

中級者ならやっておきたい2つのポイントを紹介する。
その2つのポイントとは
1 空気感を同じにして共感を引き出す。
2 じらすテクニックで翻弄させる。

とくにコレは、よく来てくれるお客さん「【カンタン】トップチャットレディのリピート率を高める4つのポイント」で紹介されているような太い客には、キッチリやっておいたほうが良いテクニックなので、キッチリと覚えておいた欲しい。

ひとつづつ紹介していく。

1 空気感を同じにして共感を引き出す。

空気感というのは、お客さんの空気感。たとえば方言の多い友達と2日ぐらい一緒に遊んでいると、方言がうつったりする。

また恋人同士が付き合っているうちに似てくるとか、夫婦が似てくるとか、仲がよくなればお互いに似てくるもの。

これを自分から行なうというテクニックなんだ。一番てっとり早いのは、メールの文章の雰囲気をお客さんと似せる事。似せるポイントは

・タイトル
・文章の長さ
・内容
などが似せやすい。

そうすると、なんだか感覚のあう人だな。と感じる。これを繰り返すうちに好きになってくる。

2 じらすテクニックで翻弄させる。

いつもすぐに返信をくれる人が、急に返信が遅くなったら心配になる。

心配になったら急に意識しだす。これは恋愛感情とも似ている「あれオレ彼女のこと好きになっているかも」的な流れにもなる。

でも、毎回返信を遅くしてはダメ。たまに返信がおそい事があって…ちょうどいいくらい。これはあくまでワサビ的に使う。

ワサビは少し使う分にはいいけど、多すぎたら嫌になる。こんな感じでやってみる。初級より難しいけどキッチリ成果はでてくる。

ライブチャットで警戒される誘い方~上手な誘い方へ変える方法

警戒される誘い方と、上手な誘い方がある。上手に誘える人は、成績も良い。誘い方が下手だと、成績が悪くなる。やり方的には少しの違いだけど、やるとやらないのとでは大違いになる。そんなお話。

聞いてみると「そりゃそうだ」と納得できるとおもうので意識して欲しい。

例えば

「○○さんちょっといい?」「話したい事があるんだけど、ここじゃあれだから」
といわれると、どんな気分になる?

「えっなんか面倒なこと?」
「なんかの告白?」
「時間かかるんじゃない?」
という気分になると思う。こういう誘い方は警戒される。

それをこう変える。

「○○さん~の話をしたいのだけど○分ぐらい良い?」

こうするとストレスかからない。変に意識してしまうこともない。

病院なんかで「○○さん来週ちょっと時間取れますか?」なんて聞かれると、恐ろしくてたまったものじゃない。

かるく説明するのに1分もかからないから、説明は先にしておく。

相手にいたずらに神経をつかわせるのは問題。こうすると相手に選択肢を与えることになる。警戒されるいいかたは止めておこう。

チャットレディがチャットサイトを上手に活用するにはどうすればいいの?稼ぎの多いチャットレディに聞いてみた!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 由愛 より:

    こちらの方法を行なってから、リピーターさんが徐々に増えてきました。

    すごい効果でてます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑