年齢をごまかして若い世代向けのSNS系サイト・アプリにチャトレ・メルレとしてお仕事する際に注意したいこと

2020年6月20日


年齢をごまかして若い世代向けのSNS系サイト・アプリにチャトレ・メルレとして登録する際に注意したいことを紹介します。

目次

ごまかさないほうがラクだが・・・

基本的にごまかすのは、結構たいへんですので、できればやめておくほうがいいです。

SNS系サイト・アプリにチャトレ・メルレとして登録するのでしたら、30歳以上の男女が対象のアプリに『ベリー』などがあります。
こういうのを使うほうがラクです。
>>ベリーのお仕事紹介・無料サポート

まずはコチラからやってみて、どうしてもというなら、下の方法を試してみてください。

年齢をごまかしたいならプロフィールの見た目が重要

プロフィールにただよう雰囲気で違和感を感じ、連絡をしてこない男性会員も多いです。
たとえば、20代前半なのに、古い感じの写真だったり、老けた顔写真をアップしていたとすれば、この子本当に20代前半?と疑われます。

若者型に参加する男性会員は、若い女性ということにこだわりをもっていますから、そこへの目は厳しいものがあると思います。

写真の補正 写真はアップする前に補正しましょう。やるとやらないとでは大違いです。

その際アプリで補正することがよくありますが、使いなれたアプリやソフトではなく、その10~20代の女性がよく使うアプリを使っておくほうがいいです。

アプリによって仕上がりがことなり、その世代の空気感がでてしまうことがあるからです、

写真の加工に関しては、10~20代の人がやっているインスタグラムの写真を参考に加工をまねしてみるというのが早いです。

例えば『20代に人気の補正アプリ』『20代に人気のカメラアプリ』『10代に人気の補正アプリ』『10代に人気のカメラアプリ』
などと検索して、みて、上位で紹介されているものを順番にいれてみるといいでしょう。

この人はこのアプリを使っているなとか、そういうのがわかってきます。

写真のポーズや構図に関しては、10~20代の人がやっているインスタグラムの写真を参考にまねしてみるというのが早いです。

年齢をごまかしたいならプロフィールの内容にも注意しよう

収益をあげるための、一つ重要なのは、年上が好きと書いておくことです。


好きになる人は30代後半より上で45歳くらいまでの人が多いです。
仕事を頑張っていて、包容力があって、ガツガツしてなくて、頼れる、甘えれる人がいいな。
でも私の前だけで甘えてくれるとウレシイかも。

みたいな感じです。年上が好きと漠然と書くのではなく、何歳くらいからをハッキリさせたほうがいいです。

この際あまり上すぎると、ウソっぽくなるので、お客さんの層を考えながら、ボリュームがある程度ある年齢層を狙うのがいいでしょう。

若者型サイトは、若者が多いですが、オジサンもかなりいます。

若者相手に若者のふりをするのは、かなりムリがありますが、オジサン相手だと、ある程度ごまかせます。
それにオジサンにとっては、オジサンを相手にしてくれる若い女性はとても貴重ですから、そのプロフィールの内容に多少違和感があっとしても「オジサンが好きだから、ちょっと古風なのかもしれない。それに私の話も聞いてくれそう」みたいに、ものすごく前向きに考えてくれます。

しかも若者は1日~2日でもうポイントない。LINEしてとか、カカオしてとか、言ってきますが、オジサンは経済力があるので、長期間続きます。

それにプロフィールに書かれた『仕事を頑張っている。頼れる。包容力がある。甘えれる』という特性は、経済力があるということにもつながりますから、オジサンとしては、LINEしてとか、ココアしてとか、なかなか言ってこれません。嫌われるのが怖いからです。

なので、プロフィールには年上が好きと書いておきましょう。

あとはこちらのページも合わせて参考にしてください。

>>人気チャットレディ直伝!興味をひくトップ・ギャラリー・プロフ・HNのコツ

若い世代向けサイトのアタックメールの内容で注意すること

プロフィールと同じく、アタメの文章の雰囲気で、年齢に違和感を感じる人も多いみたいです。

とくに男性側にアタメを送ることができるサイトでは、女性側からのアタメが多く、いろんなアタメを見ていくうちに、その年齢の雰囲気をつかんでおり、その雰囲気と違うメールがくれば、違和感を感じる人もでてくるでしょう。

若者型に参加する際は、設定年齢の女性のTwitterやインスタグラムなどを時間をかけて調べてみて、違和感のない文章にする必要がありますね。

主に違いがでるのは、語尾の雰囲気と使う顔文字の種類。

その年代の女の子がよく聞く曲の歌詞を読み、曲を聞きこんでおくと、いまの時代感やその世代の雰囲気などがわかってきます。

>>アタックメールのコツまとめ!タイプ別攻略法と返信率を上げる方法

その年代特有のキーワードというか、空気感があるので、そこがわかってくると、かなり違和感もなくなってくると思います。

若い世代向けのSNS系サイト・アプリはこちら