色気がないけどチャットで稼ぎたい。色気をつける方法教えて!

色気なしから色気ありへ

色気のあるなしってなかなかムズカシイところですが、
どういう人が色気がある人と思うのでしょうか?

私の考える色気って一概には言えないのですが、
例えば、男性経験のない女性と男性経験のある女性だったら、経験のある女性ほうが色気ってあるんだと思います。

一つ大事なのが『男性を受け入れる準備のあるかないか』ってことではないでしょうか。

まったく男性を受け入れるつもりがない男っぽい女性は、男性からみて、男性的だと思うし、受け入れる余地がある女性は、男っぽい女性よりも、色気があると言えると思います。

つまり色気を出す一つ目が、男性を受け入れるという気持ちだと思います。思春期のころ、男性を意識しはじめた時、急に色気づいてとからかわれた人もいると思いますが、男性を意識して、受け入れようとか、受け入れてもいいという気持ちがまず色気につながると思います。

次に男性経験のあるなしですが、あるほうが色気がでやすいと思いますが、これは相手あってのことですし、ムリに色気をだしたいがために、することでもありません。

比較的効果がありそうなのは、官能小説を声に出して読んでみることです。

自分自身の体験となると、数多くはできませんが、小説などのバーチャルな他の人の経験なら、多数の経験を積むことができます。

官能小説と検索をしてみると、無料のものが結構でてきますので、これを声に出して読んでみるといいと思います。

この方法は『口ベタで音声通話やビデオチャットが苦手!でも克服したい!方法を教えて!』でも紹介した方法の応用版です。

何かを表現するときに、その世界の言葉をたくさん使ったことがあるかないかで、表現力ってかわってきます。色気のある表現も、いろんな言葉を知っている使うことで、とてもなまめかしい色合いがでてきます。

そして音読は脳の想像をかきたてますから、そういうことをイメージしやすくなります。

すると、しぐさとか行動とかが、色気がでてくるという流れになると思います。

チャット前に10分ほど読んでみて、仕事を始めるといいでしょう。

またtwitterでも何度かtweetしたのですが

18~43歳の健康なイタリア人女性731名を対象にしたイタリアの研究で、毎日りんごを食べる人は性的快楽も強いとの結果

という研究結果があります。もし好きでしたら、毎日リンゴを食べるというのも一つかもしれません。

以上色気をつけるには

・男性を受け入れる意識をもつ
・小説を音読してみる
・リンゴを食べる

この3つが良いのではないでしょうか。