奨学金の返済にはチャットレディを副業にすべき3つの理由

公開日: 

奨学金の返済にチャットレディがいいよ!って話はよく聞きますが、その理由は大きく分けて以下の3つです。

1 時間が自由。

2 勉強したら成果がでやすい。

3 いざという時の保険になる。

それぞれ解説していきます。

時間が自由。

チャットレディは空いた時間に気軽に働けるのが、いちばんのメリットです。

自由につかえるので、仕事のヒマなときは集中して働けますし、逆に忙しいときは、仕事をしないという選択もできます。

これは時間的に拘束されやすい、一般のアルバイトとの大きな違いです。

勉強したら成果がでやすい。

ノンアダルトで月50万以上、アダルトで月300万以上の収入を上げるにはノウハウだけではない、経験や天性の部分もでてきますが、それ以下の給料で満足できるのであれば、ほぼノウハウでなんとかできます。

ある程度高学歴のかたは、こういうノウハウの重要性をすぐに理解しますし、実行してトライアンドエラー試していきますから、成果が上がりやすいです。

いざという時の保険になる。

仕事のストレスなどから、休職をよぎなくされる方も最近は多いようです。

休職になると支払うことができなくなります。

そんなときに、在宅で働けるチャットレディの仕事があると、大きな支えになります。

本当はどうなの?奨学金の返済にチャットレディを選んだ人の感想

参考に奨学金の返済があるのに、休職せざるえないという究極の状況になってしまったチャットレディに体験談を紹介します。

一時期病気で休職せざるを得ず、奨学金の返済を続けるためにチャットレディを始めました。

コンスタントに収入を得なくてはならなかったので、常連さんを捕まえるのに必死でした。

ハートを掴むにはできるだけ「あの時こういう話しましたよねー」と相手を覚えているアピールをして、特別扱いされている感覚を味わってもらうのが有効で、その日の会話の内容はきちんとメモを取っておき、誕生日を祝ったり、好みを把握しておいて「同じもの食べてみました!」とこちらから言ったり、仕事等のスケジュールを把握して「繁忙期お疲れさまでした」等の言葉をチャットやメールでかけていました。

一見さんで終わりそうな人も、しばらく経ってから次に来てくれた時に同じような対応をすると「よく覚えていてくれたね」と喜んでリピーターになってくれました。

ひとりのお客さんが一か月に払える額には限度があり、太客を捕まえるのは非常に困難なので、少しずつでもコンスタントに来てくれるお客さんをたくさんゲットするようにしました。

まとめ

以上3つの理由で奨学金返済をしている人はチャットレディを始めたほうがいいといえます。

もちろんチャットにも悪い点などはあります。

ただチャットの悪い点に関しては、工夫次第で防ぐことができます。

またチャットには効率よく稼ぐためのテクニックがたくさんあります。

まずはテクニックなどを参考にしながら試してみることです。

人生があかるくなると思いますよ。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑