チャットのお客さんに営業メールをおくると効果はありますか?

公開日: 

営業メールのなかみによっては、お客さんもウンザリしてしまうといいます。

でもお気にいりのチャットレディから来るメールはウレシイものだそうです。

だったらお客さんがウンザリしない営業メールをおくったほうがいいです。

お客さんがウンザリする営業メールってどんなものですか?

お客さんがウンザリする営業メールは、ただただチャットに来てほしいといった心のこもっていないものだと聞いたことがありました。

「めったにチャットしないし、メールが来たと思えば営業メール!しかもなかみがつまらない、コピペっぽい」こんなグチをほかのチャットレディにこぼしているお客さんもいます。

しつこく何回も営業メールをおくられてくることも、ウンザリするみたいなので気をつけたほうがいいですね。

心のこもっているような営業メールってどんなものですか?

しっかり「〇〇さんへ」とあてなを入れたり、「お元気ですか?」とうかがってみたり、「このまえの〇〇のおはなし思いだしました」とチャットしたときのことをおぼえていることのアピール、「今日〇時からログインするのでよかったらあいましょうね」とあくまでも予定があえばチャットしたいといったないようにします。

私はチャットしましょうとはあまりつかわないようにしています。

「あいましょう」のほうがお仕事チックじゃないと思うからです。

あてなをしっかり入れることや、前回のチャットしたないようを入れることによってコピペじゃないこともわかってもらえます。

ホントは営業メールなのですが、営業メールにかんじさせないないようにすることを心がけています。

営業メールはしてもいい?だめ?ホントはどうなんでしょうか?

営業メールなんておくってもイヤがられそうだし・・・と思うかもしれませんが、お客さんによってはきっかけになることもあるそうです。

「前のチャットからきかんがあいてしまったから声をかけにくい」とか、「どのチャットレディとチャットしようかまよってた」といったお客さんもいます。

営業メールがイヤではないお客さんは、かならずメールをかえしてくれます。

タイミングよくその日予約をもらうことになったり、チャットにつながるときもあります。

たとえその日チャットができなくてもべつの日予約をしてくれたりということもあります。

営業メールがイヤなお客さんはメールをかえしてきませんから、そこでわかることができます。

お客さんに営業メールをおくったらどんな効果がありましたか?

さきほどおはなししたように、予約をもらうことができました。

「またチャットにログインするときメールしてね」といわれるようになりました。

きがるにメールができるかんけいになったのですが、それってチャットレディにはうれしいことですよね。

待機じかんもみじかくなりました。

きょうこさん:チャット暦10年以上の主婦チャトレ ノンアダとアダルトの両方で活動中

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑