チャットレディの申し込み~カメラテスト~採用までを図と表で紹介。

公開日: 

スマホでカンタンに申し込めるイメージ
チャットレディってどうやって申し込むの?

申し込み~カメラテスト~採用までを図入りでわかりやすく紹介します!

チャットレディに登録できる人は?

/下限上限
ノンアダルト18歳以上(高校生は不可)35歳以下くらいが多い
アダルト18歳以上(高校生は不可)年齢に上限はないが50歳くらいまで
熟女・人妻25歳以上のところが多い年齢に上限はないが60歳すぎてもOK
通勤18歳以上(高校生は不可)登録するサイトによって異なる

チャットレディに登録できる人はこの表のとおりです。

年齢制限は
若い娘が多いサイトでは35歳ぐらいまで

人妻・熟女専門サイトでは特に年齢上限はありません。

60歳すぎてても、結婚してなくてもOK。ただ25歳未満はダメという所が多いです。

若い人が多いサイトは。若い人が好きな男性が多いので長く稼ぐ事は難しいです。

人妻・熟女専門は、成熟した女性が好きな男性が多いので長く稼ぐことができます。
30代の時は30代が好きな客層
40代の時は40代が好きな客層
50代の時は50代が好きな客層
60代の時は60代が好きな客層
がいます。

25歳を超えたくらいからは人妻・熟女専門を併用したほうが良いです。稼げる安定度が全然ちがってきます。

若い娘が多いサイトの客層がノンアダルトでもアダルト目的が多く、人妻・熟女専門は話を聞いて欲しいお客さん層もけっこう多いのでそういう意味でも稼ぎやすいです。

ちなみに人妻・熟女専門サイトは60歳以上でも人気があって、20代の女性より収入が多いケースもあります。

高校生は登録できませんが、大学生・短大生・専門学生は登録できます。

ちなみに多いのは、大学生・短大生・専門学生、無職、主婦、シングルマザー、また水商売からの転職や、副業として登録されているかたが多いです。

副業のかたの本職としては、医療・福祉・アパレル・美容・教育・サービス業・コールセンター・営業・OLのかたなどが多いです。

チャットレディ採用までの流れ

登録フォームに入力
身分証明書をネットで送り年齢認証し、ネット上の契約書にチェックをする。
登録受付完了
カメラテスト(なしのところもアル)
採用

これは大体の流れです。

採用まではカンタンで、履歴書はいりません。

まずサイトの登録フォームに入力します。

つぎに18歳以上の方でないと法律でチャットレディとして働けないため、身分証明書の確認があります。

スマホなどで写真を撮っておくるだけでカンタンです。

※法律で義務つけされているので、身分証明書がいらないという業者は危険です。

●受付けている身分証明書の例
登録に必要な身分証明書イメージ
・運転免許書
・パスポート
・住民基本台帳カード(住基カード)
・マイナンバー個人番号カード

のうちのどれか一つ。

いずれも期限がきれていないものを提出します。

※身分証明書が必要な理由
・年齢の確認(18歳以上の方でないと法律でチャットレディとして働けないため、事業者に確認が義務付けられている)
・本人確認(なりすましを防ぐ為の確認)

チャットレディのカメラテストと採用について

身分証明書の提出がすんだら、あとはカメラテストをしてOKがでたら、お仕事ができます。

チャットサイトによって、カメラテストの基準にちがいがあります。

・アダルトはカメラテストが甘い
・ノンアダルトはカメラテストが厳しい

という傾向があります。

たとえばアダルトで一番人気のDXLIVEではカメラテストがありません。

はじめにオリエンテーションという、接続した状態での仕事などの説明があるだけです。

もともと顔出しNGのかたも多く仕事をされていますし、カメラテストが苦手だなと思うかたは、検討してみてもいいかもしれません。

●ライブチャットのカメラテストのコツ

カメラテストで落ちないための5つのポイントを紹介します。

受け答えをハキハキする。

サポートの質問に対して「えーべつに…なに…まじ…いみわかんないんだけど…」みたいな受け答えをしている人はカメラテストに落ちます。

お客さんに不快なイメージを与えるので、サイトとしては入れない。という理由です。

サポートの質問に対して「はい」「わかりました」などハキハキ答えるようにするとクリアーできます。

回線を高速にする。

最近のスマホは早くなっているので、DXLIVEなどスマホでOKとうたっているサイトはほぼ問題ないと思います。

ただPCがメインのサイトでやる場合、イーモバイルとかワイマックスとかはダメ。ADSLか光ファイバー、ケーブルテレビとかの早い回線が必要といわれています。

カメラの画質をよくする。

これもスマホのかたには関係ないですが、古いノートパソコンの備え付けの古いWEBカメラや、安いすぎるWEBカメラだとだめなケースがあります。

家電量販店で3千円程度のカメラがあれば十分です。

外着に着替えて、メイクする。

部屋着でもかわいい部屋着とかだったらOKの場合がありますが、スウエットとかジャージは不採用になるケースが多いです。

あとノーメイクは落ちる確率が高くなります。

マイクを買う。

お客さんは声を聞きたいので、ヘッドセットのマイクなしだと、タイプしないといけないのでお客さんが限られます。

それとオイシイ年配層の客がとれなくなるのでマイク無しは採用しないというケースが多いです。

すこし壊れやすいですが、100円均一のセリアで片耳タイプのマイク内臓のイヤホンが売っています。

はじめはこれでいいと思います。

カメラテストが終わり、採用になれば、お仕事を開始できます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑