チャットレディを本業にするための5つのステップ

本業にするための5つのステップチャットレディをやり始めると、副業じゃなくて、これ本業にしたらどうなんだろうか?と考える人がでてきます。チャットレディの仕事もツライことはあるけど、いまの会社の仕事に比べたら、ぜんぜんラク。でも本業でほんとうにやっていけるのか?
そんな人も多いのでは!
この記事では、本業にするデメリットとメリットを考慮した上で、どうやればスムーズに本業にできるかを紹介していきます。

目次

チャットレディを本業にするにあたって問題になることは?

チャットレディを本業にするにあたって問題になることをリストアップしたところ、以下のような問題がでてきました。

  • 相談する相手がいない
  • 家族バレする可能性
  • 歩合制で給料が安定しない
  • 確定申告する必要がある
  • 社会保険料が国民健康保険になって負担増
  • 稼ぎが時間がかかる
  • モチベーションの維持がむずかしい
  • 体調を崩しやすい
  • 履歴書に書きずらい

それぞれ、解決方法について回答していきます。

相談する相手がいない
会社勤めだと、同僚や先輩、彼氏・家族などに相談できるけど、チャットレディの仕事はできにくいという指摘があります。

まずこれはそもそも仕事のことを、相談していなければ、気にする必要はありません。中小企業やブラック企業とかでは、誰にも相談できずということも多いですから、こういう人は、相談する相手がいないのは、変わらないわけですから、心配する必要はないです。

それと相談する相手がいないのにも、仕事のやり方で悩んでいて、相談したいというケースと、ただ話を聞いて欲しいと2種類あります。

まず仕事のやり方で悩んでいるばあいは、当サイトのマニュアルと、各チャットサイトのマニュアルをよく読めば、それだけで解決することが多いです。

悩みの80%は、マニュアルで解決して、残りの15%くらいは、マニュアルの応用で解決します。

つまり95%は、マニュアルをしっかり活用しておけば、悩みは解決するのです。

残り5%は、だいたいチャットサイトへの相談で解決します。

これで解決できないレベルの問題は、仮に同僚や先輩がいても、解決できません。問題が通りすぎるのをただ待つしかないでしょ。

ただ話を聞いて欲しいばあいは、twitterにチャットレディ専用のアカウントを開設しtweetしていればいいです。

チャットレディの愚痴アカウントも多いので、フォローしておけば、フォローしかえしてくれて、同じような悩みを持っていると共感できます。

うちのサイトもアカウントがあるので、フォローしていただければ、チャットレディやメールレディさんのアカウントだとわかれば、フォローを返します。

これで100%ではないですが、かなり問題は解決します。

家族バレする可能性

これは家族バレしないこちらの方法をお使いください。
>>チャットレデイ・メールレディの家族バレと会社バレを防ぐ方法

歩合制で給料が安定しない

これは当サイトのマニュアルをしっかり見て、その通り実行すれば安定します。

確定申告する必要がある

自営業になるので、確定申告する必要はありますが、自営業者は経費が使えますので、会社員より有利な部分もたくさんあります。

確定申告もツールなどを使えば、知識があまりなくてもできるものもあるので、こういうものを使用するといいでしょう。

社会保険料が国民健康保険になって負担増

社会保険料は国民健康保険になって負担増しますが、これはどうしようもありません。ただ国民健康保険料は増えますが、自営業者には、控除や経費など、さまざまな節税方法もありますので、このようなものを活用すれば、負担増も気にならなくなります。

稼ぎが時間がかかる

これは当サイトのマニュアルをしっかり見て、その通り実行すれば早期に安定します。

モチベーションの維持がむずかしい
モチベーションの維持がむずかしいといいますが、これは強制的に仕事をはじめることで解決します。

なぜならやる気というのは、行動してはじめてでてくるものだからです。行動しないとやる気がでないので、時間を決めて動く事です。

体調を崩しやすい
体調を崩しやすいともいいますが、これは時間をきっちり決めて行動しないからです。会社員時代と同じ時間に起き、同じ時間に寝て、食事もちゃんとして、仕事をするようにすると、体調も安定します。

履歴書に書きずらい
これはどうしようもないですが、チャットレディで満足いく収入が得れれば、履歴書を提出する必要もなくなります。

チャットレディは副業から本業に変える「プチ起業」方式がオススメ

チャットレディを本業にするならプチ起業
先にありましたように、チャットレディのお仕事は、安定しないお仕事です。当サイトのマニュアルと各チャットサイトのマニュアルを読んで、ちゃんと実行すれば、安定はしてきますが、それでもいきなり初月から安定した収益を得れるわけではありません。

そこでオススメしたいのが、いったん副業からはじめて、売り上げのめどがたてば、本業に変える「プチ起業」方式です。

マニュアルを読みなおし、稼げるサイトに登録しているかを確認する。

もうすでにチャットレディのお仕事を始めている人も、まだ始めていない人も、一度マニュアルを読み返して、ちゃんと稼げるように仕事をしているかどうか確認してください。

稼げるかどうかは、運ではありません。稼ぐための法則に乗っ取った仕事の方法をとらなければ、稼げません。
>>アダルトチャットレディで永続的に月50万以上稼ぐ無料マニュアル
>>チャットレディ(ノンアダルト)でムリなく稼ぐ方程式!
>>スマホチャットレディで効果的に稼ぐ方法(タイプ別サイト選び~稼働方法まで)
>>チャットレディが稼ぎやすい時間帯・時期・曜日・イベントと使い方

このほかにも多数のマニュアルがあります。

稼働のスケジュールを立てる

マニュアルを読んだことで、実際にどの時間帯に、お仕事をすると効率がいいか、どんなスタイルで仕事をすればいいかがわかったでしょう。

稼げない人は、とりあえず時間をかけたらいいと、ずっと待機している人もいますが、これでは稼げません。

稼げる時間だけ待機するのが基本です。これには経営の感覚が必要になってきます。

たとえば飲食店ならお昼ご飯の時や、夕方から夜の混む時間帯に従業員を集中させるでしょう。

これがヒマな時間帯に従業員を集中させて、混む時間帯に少なくしたとしたら、どうなるでしょうか?まちがいなくその会社はつぶれます。

効率が悪いからです。副業ならお遊びでいいですが、本業となると、効率をいかに上げるかに重点をおいてください。

マニュアルを読めば、どういうふうに仕事をすれば効率よく稼げるかがわかります。そのとおりにやれば、結果はでてきます。

個人事業主のことと確定申告のことを理解する

会社員と個人事業主の大きな違いは、税金面です。会社員時代は会社が源泉徴収していたので、税金のことは考えなくてもよかったのですが、個人事業主になると確定申告や税金のことを考えることになります。

確定申告を理解しておけば、経費扱いできるものは、経費としてどうどうと入れることができ、その分税金を支払う必要はなくなり、結果として、残るお金が多くなるからです。

個人事業主は会社員より有利と言われますが、それは知識があってからのこと。
チャットサイトのマニュアルを読むのが、稼ぐための攻めの勉強だとしたら、税金の勉強は稼ぐための守りの勉強です。

・チャットレディの税金、経費、確定申告を理解する
チャットレディの税金、経費、確定申告については、業界大手のチャットレディサイト、ライブゴーゴーさんによる、こちらの動画が詳しいです。

・個人事業主と仕事を始める準備をする
こちらの動画が詳しいです。

・健康保険に切り替え。

社会保険から国民健康保険に切り替える際には、会社が社会保険の資格喪失届を提出することになりますが、国民健康保険と国民年金の加入手続きは被保険者がしなければなりません。

・開業届けのことを理解する
個人事業を開業したことを税務署にお知らせすることを『開業届』といいます。
開業届は事業を開始してから1ヶ月以内に提出することが推奨されていますが、提出しないことによる罰則等はありません。

・確定申告用のツールを理解しておく
経理の知識がなくても確定申告書類を作成できるツールなどもあるので、そういったものを利用するといいでしょう。

こちらの動画が詳しいです。

・クレジットカードを作っておく
これはできればですが、クレジットカードはカード会社を選ばなければ、作れますが、個人事業主だと作れるカード会社が限られるため、できれば会社に在籍中に作っておくほうがいいでしょう。

・引っ越しする気なら、会社で働いている間に引っ越しする。
個人事業主だと、賃貸の審査に通りにくく借りにくいので、働いている間に引っ越しするほうがいいでしょう。

副業ではじめて、ある程度売上が上げれそうな目途がたてば、会社を辞める

売上が3ヶ月連続で年収÷12の月収より多い
「プチ起業」をはじめて、ある程度売上が上げれそうな目途がたてば、会社を辞めましょう。

金額ベースでいえば、昨年の年収で割ったときの月収が、副業のほうが多いような場合です。

会社員はボーナスがありますが、チャットレディはボーナスがありませんからね。

ただチャットレディをはじめて1ヶ月目は新人期間で半額とかになり、その結果お客さんが増え給料もいいですから、1ヶ月目は計算にいれてはいけません。

1ヶ月目以降で、3ヶ月連続本業より収入がいいようなら、チャットレディを本業にしてもいいでしょう。

退職を申し出るタイミングのベストはボーナス支給の後です。

中小企業などで経営者の判断でボーナスの支給額が決められる場合は、支給額が少なくなるばあいがあります。

ボーナスをベストな金額もらって退職したいと考えるなら、退職を申し出るタイミングをボーナスの支給後にしましょう。

ただボーナス支給後すぐに退職届を出すと印象が悪いので、1~2週間以上たってから、退職届を出し、その後引継ぎを1ヶ月ほど置いてから、悪い印象を残さないようにすることも大事です。

ボーナスがでない場合は、とくに気にしなくていいでしょう。

仕事をはじめ、調整し続ける。

スケジュールどおりに働き、うまくいかなければ、マニュアルを再度読んで調整して、見直す必要があればスケジュールも見直しましょう。

これを続けることで、売り上げは高い金額でどんどん安定し、楽になっていきます。

チャットレディを本業にしている人からのアドバイス!

チャットレディを本業にしている人に「もしチャットレディを本業にする前の自分に会えたとしたら、どんなアドバイスしますか?」と聞いてみました。表面的ではなく、かなりリアルなアドバイスになっていると思います。

 リリアさん 29歳

「アダルトをするかしないかというのは、事前に決めておくというのも一つの方法です。男性は基本的にはHを目的として絡んでくるのですが、そこに対応できないというのが最初からあるのであればノンアダルト専門の所に登録するべきです。

ミックスだったりすると、確実に誘われます。またノンアダルトで通すと決めたのであれば、嘘をついて他のお客さんにはアダルトをしているけれどノンアダルトといっていても、口コミサイトなどでバレてしまう事も有って、結構そこにやきもちを焼いてしまう会員さんもいたりするので要注意です。

アダルトでも割り切ってやると決めるの出れば、後は顔バレだけは気をつけるようにしてください。顔バレしないために顔出ししないと収入は少ないですが、意外とばれてしまうという事も有ったりするのでそこは注意をするようにした方が良いです」

 ぴっちゃんさん 52歳

「もし始める前の自分にアドバイスするなら「最初の一ヶ月を精一杯頑張りなさい」と言いたいです。チャットレディを始めたきっかけはズバリお金が必要だったからです。遊びや贅沢がしたくてのお金ではなくガチ主婦の生活費が足りない状態だったのでちょっと不安でしたが背に腹はかえられないので登録しました。

何も知らずのスタートだったのでデビューしたての一ヶ月は男性の会員の方から毎晩お誘いがあって喜んでいると徐々にお誘いも減っていき、デビューしたては特別なんだということに後になってから気付きました。もっともっと自分をアピールして仲良しさんを作れば良かったと後悔しています。
 それと稼ぐ為には「自分に合ったサイトを選ぶ」というのも重要だと思います。未知の世界のチャットレディ、沢山あるサイトで何も考えず最初に面接を受けたのは若い女の子が在籍するサイトでした。

もちろん場違いだと言う事でしょう、PCの環境テストも思わしくなく不採用でした。
それから色々調べ、熟女や人妻専門のサイトを見つけて登録しました。自分の年齢が「旬」であることで思いきって仕事ができました」

 えりかさん 32歳

「まず始めに言っておきたい事は、完全歩合制で所得や生活が安定しないため、本業で継続していくのはとても難しいです。ノンアダルトとアダルトにも分かれているので、アダルトOKの人のほうが、短時間で多くの収入が得られます。

チャットレディを本業にした場合、会社員で働いていた時のように月収から控除されることがなく、全て自己申告を行う形に変わっていきます。つまり自分自身が個人事業主となって、自営業者という立場に変わるということです。

そのため、チャットレディの事務所やサイトに登録されていても、従業員ではありません。働いた収入に対しての所得税を申告する確定申告を行い、所得にかかってくる税金の申請は自分自身で行います。青色申告、白色申告から確定申告の形式を選び、事業所得の申告を行います。チャットレディを本業として考えるなら、税金の事も勉強する事をお勧めします」

 KYOKOさん 34歳

「会社員を仕事がきつい、人間関係が厳しいのは大変理解できます。ただ次の仕事、出来たら正社員の仕事を見つけてから決行するべきでしょう。一時の感情に任せて、勢いよく正社員の会社を足蹴にして辞めて、さあ仕事がないからと、チャットレデイを選ぶのは止めた方が良いです。

HPとかネット上のクチコミでは、「楽して稼げる、苦労せずにまとまったお金が入る」という風に煽るだけ煽りますが、実際はそんなに甘い業界ではありません。人間関係で、いくと必ず問題を起こしてしまう人では絶対に務まらない世界です。

チャットレディをしていて相手をすることに成る男性は、基本的に性格難あり、弱虫傾向の人たちが大半ですが、勘違い野郎も沢山います。その手の理解しずらい男性に対して、会話とかその他で満足感をプレゼントするのが基本の仕事だから、そのあたりのスキルを習得することが非常に大切です。頑張ってください」